T. Suzuki Lab.

Japanese

English

研究室概要 - Overview -

当研究室は、高機能薄膜材料の開発と透過型電子顕微鏡等を用いた原子レベルでの材料解析に取り組んでいます。自動車・鉄道関連分野や医療分野、エネルギー関連分野などさまざまな方面で貢献するため、数多くの企業や大学、病院と共同で研究しています。

詳しい研究内容を知りたい方はこちら

~3年生へのメッセージ~

ダイヤモンド薄膜技術を駆使し、新しい環境技術・政策を社会に送り出す

鈴木研究室では企業との共同研究が多いです.現在,鉄道会社,車部品会社,化学会社,医療機器会社,飲料メーカー,工具メーカー,工作機械メーカー,新幹線メンテ会社,大手外資系通信関連会社,オートバイメーカー等です.つまり研究室に所属するほとんど全員が企業の研究員と一緒に研究開発をしています.したがって,世の中の先端研究を実施し,特許も学生と出願するので,「井の中の蛙」になることはありません.また論文はすべて英語で書き,国際学会への出席をサポートしています.研究施設はいろいろな場所にあります.34棟1階,2階,創想館地下2階,新川崎,そして神奈川県産業技術センター内にもあります.企業だけでなく,北京大学とも深い共同研究をスタートしました.

薄いダイヤモンドの膜を利用すると,いろいろな分野に進出できます! 是非一度見学に来てください.

新着情報 - News -

▶ 一覧

お知らせ - Announcement -

2019/08/20 更新

一部ページを更新しました。現在コンテンツの拡張のため、鋭意制作中です。

 

慶應義塾大学理工学部機械工学科

Department of Mechanical Engineering, Faculty of Science and Technology, Keio University

慶應義塾大学大学院理工学研究科開放環境科学専攻

School of Science for Open and Environmental Systems, Graduate school of Science and Technology, Keio University

Copyright (C) 2018 T. Suzuki Lab. All Rights Reserved.